FC2ブログ

★2005年6月29日 【盛岡タイムスWeb News】掲載

シルバージュエリーデザイナー・千葉香の公式ブログです。アートクレイシルバー&彫金教室、創作ジュエリー制作・販売をしています

★2005年6月29日 【盛岡タイムスWeb News】掲載

2005年6月2-日 【盛岡タイムスWeb News】掲載


画像をクリックすると、「盛岡タイムスWebNews】
      ↓ 該当記事ジャンプします

彫金技法で広がる
  アートクレイの世界
     千葉さんが「応用編」

盛岡市中ノ橋通1丁目の千葉香さんが、このほど美術出版社から「アートクレイ+彫金技法の〔応用〕」を出版した。59ページ1890円。7月から全国で発売する。

昨年の5月に同社から出版した「アートクレイ+彫金技法の〔基礎〕」は、千葉さんが現在特許を申請している新技術、アートクレイシルバー(銀粘土)と彫金の接合技術を紹介。
それを踏まえて今回は、4つのジュエリーの創り方を紹介しながら、銀と異素材との融合を提案している。

基礎編は初版の五千部が、発売後1週間で完売。その後も順調に増版されるほどの人気を博したため、昨年9月に応用編の出版が決定した。

今回のイメージは、伝統工芸の「江戸べっ甲」と組み合わせた「タートルズ・ドリーム」。べっ甲を切り出したり、平らにするという下準備からはじめ、銀粘土で模様をつけた地金の枠と組み合わせるところまで、丁寧に解説している。

「べっ甲と組み合わせてみたい」と思ったのは数年前。定期的に東京の伝統工芸士の下に通い、その技術を習得した。

ワシントン条約により素材の入手が難しくなった現状を知り、伝統技術の衰退を恐れる職人の思いを感じた。伝統工芸を、自分の銀の技術と組み合わせて未来の人に伝えたい、という願いから、今回の掲載を決めた。

「マレーナリング」は、レースの花を基にしたリングヘッド。レースの上に直接、銀粘土のペーストを塗って焼成させる。レースの繊細で柔らかい質感を、硬質な銀で表現できるのは、銀粘土ならではという。

変色しない耐硫化銀粘土をしようした「満ち潮のロマンス」は、ヒトデの形のチョーカー。同じ作品を沢山つくるために、シリコンを使って型を取る技法を紹介している。

「ミラクル」は紫外線で乾燥させるUV樹脂を組み合わせたかんざし。銀粘土の模様の上にちりばめられたオパールを、透明な樹脂で閉じ込めている。

千葉さんは「伝統を固く守ってきた職人の技術と、新しく開発される技術を組み合わせる人がこれまでいなかった。

自分は特別なことをしたわけではなく、美しいものを作るために最適な技法を選択しただけ」という。「これからも異素材との組み合わせをどんどんやっていこうと思う」と意気込んでいる。

出版を記念した個展は、同市菜園1丁目かわとく壱番館キューブ店かわとく工芸館で、12月中旬に開かれる予定。問い合わせは創作ジュエリーアトリエ・シルバーアートカオリまで。

 

別窓 | メディア | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<★2005年8月2日 【岩手日報】掲載 | SILVER ART ☆ KAORI | ★2004年11月16日 【アートクレイ倶楽部レポート vol.8】掲載>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| TOP |
SEO対策: SEO対策:彫金 SEO対策:シルバー SEO対策:ジュエリー SEO対策:アクセサリー