FC2ブログ

★2002年5月18日 【岩手日報】 掲載

シルバージュエリーデザイナー・千葉香の公式ブログです。アートクレイシルバー&彫金教室、創作ジュエリー制作・販売をしています

★2002年5月18日 【岩手日報】 掲載


2002年5月18日 【岩手日報】 掲載

独創技法 輝く奨励賞 盛岡の千葉さん銀粘土装飾展で3度目

盛岡市本町と折1丁目8-17 シルバージュエリーデザイナー千葉香さん(35)は、本年殿「銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」(日本余暇文化振興会主催)で、三度目の審査員奨励賞を受賞した。

受賞作の首飾りは、銀の表面をオレンジ色などに発色させる、千葉さんの独創的技法で作られた作品。試行錯誤を重ねた末の高い技術が、最大の銀粘土公募展で評価された。表彰式は25日東京で行われる。

「色彩のDelavu」と名づけられた作品は、中近東をイメージしたデザイン。銀と銅を重ねて曲げた部品と真珠、金属製の輪の148部品で構成される。

銀と銅を重ねて約際の、薬品や電気炉の温度、時間などの研究を重ねた結果、紫とオレンジ色を出すことができた。

銀粘土は銀粉と結合材を練り合わせたもので、自由に形を作り、電気炉で十分間役と、銀だけが残る。7年前に開発された素材で、工芸としての歴史が浅く、技術も手探り状態なのが現状。

その中で千葉さんの技術が評価され、プロ作家も出品した565作品中、4席にあたる審査員奨励賞を受賞した。

千葉さんは10年前、銀の美しさと強さに惹かれ、独学で銀細工を始めた。全国の職人を訪ねては腕を磨き、彫金、鋳金、銀粘土の三技法を身につけ、制作にいかしている。今回の審査員奨励賞のほか、他の大会でも多くの入賞経験がある。

現在は自宅の工房で政策を続ける傍ら、日本ジュエリーデザイナー協会会員として、市内の講座で講師を務め、銀細工の魅力を広めている。

千葉さんは「金属と熱による置くの深い世界を学ぶことが楽しい。受賞は励みになる」と喜んでいる。



別窓 | メディア | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<★2002年6月8日 【岩手日報】掲載 | SILVER ART ☆ KAORI | ★2002年5月15日【盛岡タイムス】 掲載>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| TOP |
SEO対策: SEO対策:彫金 SEO対策:シルバー SEO対策:ジュエリー SEO対策:アクセサリー