FC2ブログ

★2002年5月15日【盛岡タイムス】 掲載

シルバージュエリーデザイナー・千葉香の公式ブログです。アートクレイシルバー&彫金教室、創作ジュエリー制作・販売をしています

★2002年5月15日【盛岡タイムス】 掲載

2002.5.15盛岡タイムスs
銀と銅の色模様
  コンテストで審査奨励賞


盛岡市本町通1丁目の彫金作家で、ジュエリーデザイナーの千葉香さん(35)は、このほど、日本余暇文化振興会など主催の『銀粘土で作るシルバーアクセサリーコンテスト2002』で、審査奨励賞に輝いた。文部科学大臣奨励賞、優勝賞に次ぐ賞。

千葉さんは『苦労して作り上げた作品だけに、とても嬉しい。いつも励ましながら協力してくれた夫と娘達、アシスタントさんのおかげだと思う』と受賞を喜んでいる。

銀粘土は純銀素材でできた粘土。こねて好きな形を作り、電気炉で焼いて固めており時バルのアクセサリーを作ることができる。

『遊ぶ』をテーマにした今回のコンテストでは、遊び心を大切にして、心がおもむくまま作り出す、自由で大胆な発想の作品が、国内外から集まった。

ネックレスチョーカー『色彩のデジャブ』は、銀と銅を融合させて色彩表現した、画期的な作品。熱を加えることによって、銀は紫色に、銅は赤色に変化して、自然に模様を作る。一見宝石のような風合いが個性的。中近東の『じゃらじゃらした』ジュエリーをイメージしてデザインしたという。

『銀粘土は中がスポンジ状になっていて、色での表現が難しい素材。今までは宝石と組み合わせなければ、色の表現が出来なかった』と千葉さん。『失敗を繰り返すたび、必ず生かして作品にしようと決意して、あきらめずに取り組んだ』という。

『1つ1つの石が、違った色彩、形、表情をみせてくれた。とても面白い表現が出来たと思う』
他に、真夜中の神秘的な海で繰り広げられる、真珠たちの営みをテーマにした、『神秘の樹海』しりーずのチョーカーと指輪、日本女性の美しさをテーマに長年作り続けている『東洋の華』シリーズの手鏡の3作品も出品していた。

日頃、彫金、銀粘土、ロストワックスの3つの技法を組み合わせて作品を制作している。『1つのやり方にこだわらず、自分のイメージをより忠実に表現できる技法を選んで作っている』と話す。

受賞作品は、5月24日から26日まで、東京国際展示場(東京都)に展示される。表彰式は25日に同会場で行われる。

千葉さんは、テレビ岩手やNHK文化センターで、一般向けの講座も開いている。文部科学省の銀粘土技能士の認定を受けている。『どの作品も、娘を嫁にだすような気持ちで送り出してきた。これからも心のこもった作品を作り続けていきたい』と話している。
別窓 | メディア | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<★2002年5月18日 【岩手日報】 掲載 | SILVER ART ☆ KAORI |

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| TOP |
SEO対策: SEO対策:彫金 SEO対策:シルバー SEO対策:ジュエリー SEO対策:アクセサリー