FC2ブログ

~♡ onnyk による 香解剖学  ♡~銀の月の林檎~

シルバージュエリーデザイナー・千葉香の公式ブログです。アートクレイシルバー&彫金教室、創作ジュエリー制作・販売をしています

~♡ onnyk による 香解剖学  ♡~銀の月の林檎~

Silver apples of the moon

彼女に最初にあったのは、 たしか十年前の夏の夜だった。
はっきり覚えている。


momi.gifその頃やっていた
バンドの練習が終わり、
疲れを癒しに…と、
いきつけのバーに立ち寄った時、
明らかに、周囲と違う
オーラを発している女性がいた。

バーは暗かったが、その中でさえ、
さらに闇の輝きを放つ漆黒の髪、
そして 黒いサテンのワンピース。

胸元に光る銀色の光の帯。

何がきっかけで話しだしたのかは分からない。
私は酔いながら最後に言ったと思う。


黒いサテンの似合う人はそういないですよね。
今度僕らのバンドがやる曲に『ブラックサテン』
というのがあるんです。よろしかったら是非来てください




yun_2368s.gifマイルス・デイビスの衝撃的な
作品 「オンザコーナー」にある曲だ。
私はずっと前から、これを
バンドでやりたいと思っていたが、
その頃ようやくできる状態に
近づいていたのだ。

「ブラックサテン」をやろうという、 その時に現れた
「黒いサテンの女性」。 シンクロニシティ!


彼女が、銀を主体とした
ジュエリーのアーティストであることは、
帰り際にもらった名刺でわかった。


そしてまた再会することもあるだろう、
という確信も。

実際その後、私のいろいろな企画やライブに彼女は現れ、
いわば常連となってくれたのである。


その打ち上げなどで話すうちに、
彼女の関心の持ち方の特異性が見えて来た。 


    「私はルネ・ラリックが好きなの」
と、当時彼女は言っていた。

なるほど、彼女のデザインする作品は、
どこかアールデコ的な雰囲気もあり、
またそれ以上に、エロティックな輝きを放っていた。


彼女は、関心のある作品が展示されると聴けば、
すぐに飛んで行く。

自分の製作に必要な技法を見つけると、
是が非でもと、 それを教えてくれる職人に弟子入りする。

自らの欲望に忠実なる芸術家なのだ。


だから彼女のところには、
次々とお得意様からの注文が舞い込むし、
新たな展示企画の話も来る。


kao1g.jpg彼女は自らの作品に、
極めて厳密な理想主義者だ。

旧来の技法を組み合わせ、
また新たな技術を開発し、
誰にも真似のできない作品を生み出す。


それゆえ、彼女の要求は厳しい。

彼女が当然だと思う程度のことも、

他者には非常に複雑なものになるのである。

そうやって彼女は周囲と 軋轢を生むことがしばしばである。

彼女の孤独は、その作品の輝きとともにある。


また、彼女は
二人の娘の母であり、貞淑なる妻でもある。

夫の体調を気遣い、娘達には毎日弁当をもたせ、
受験の重圧に心をくだく。


二冊のジュエリー製作専門書を有名出版社から出し、
依頼主からの注文をこなし、
内外の作品展に出品し、
教室を運営しながら、
普通の主婦の仕事もこなす。


bar_20090906025851.gifそして、時折
なじみのバーに顔を出すと、
たちまち店内に華やかさが広がる。


そんな彼女に魅せられ、
懸想する男性も多い。

しかし彼女は、 そんな雰囲気を
感じるや、 謎めいた微笑を残して、 さっと立ち去って行くのだ。


こんな芸当をこなせるのは何故だろう。
その秘密はおそらく、 比類なき集中力と転換の技なのだと思う。


彼女は、製作に集中すると、時間を忘れるという。
だから彼女の製作に、並のアシスタントでは勤まらない。

ある意味、彼女は製作するときには、
鬼女のごとくなるであろう。

人を惹き付けてやまない、その外面の陰に、
美への渇望を持つ恐るべき鬼がいる。


私は、その変貌を見た事が無い。それは私にとって幸せなことだ。



外面如菩薩内面如夜叉 という言葉がある。
もちろん褒め言葉ではない。

しかし
アーティストとしての彼女、千葉香と、
優美なるEpiphyllum oxypetalum の如き姿形は、
表裏一体でありながら、 同時には存在しない

補完的な、そして希有な存在、
菩薩と夜叉が同居する
「女という存在」を象徴する言葉として、賛辞の代わりにしたいのである。


41xTtvud6qL.jpg最近の彼女の興味は、
中世の聖女
ヒルデガルド・フォン・ビンゲン、
そして日本の甲冑や
刀の鍔だという。


いよいよ、千葉香は
その魔力と武具を携え、
ヴァルキリーに
なろうというのだろうか。

古来より最高の装飾を施された芸術品でもある武具こそは、
死をもたらすと同時に生をも統べる呪具である。

彼女は、やはり
その二面性を知らずして気づいているのだろう。


さて、門あさみの「月下美人」でも聴いて、
彼女を思い出すとしよう。(終わり)

Silver apples of the moon onnyk記 31, Aug. 2009 

月下美人 正面

別窓 | 香解剖学 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<生徒作品~大谷道男さん | SILVER ART ☆ KAORI | 千葉香プチ個展開催2009 12.18~12.20>>

コメント

# シルバーアーチスト・com様
返信だいぶ遅くなりました 11ヶ月ぶり?ごめんなさい
コメントありがとうございました。

初めまして 千葉香 です。

同業者さんですね・・・・

サイトを拝見させて頂きました。
お互い 心を込めて 心を形に 創作し続けられます様に★

夏の一夜だけ・・・・月下美人が先日咲いたと
香解剖学を書いて下さった方から写メールが届きました。
神秘的ですが グロテスク な花でしたよ・・・・

門あさ美 は25年くらい前から私も大が付く程ファンです♡
私の永遠に憧れの女性です。


・・・・・・・♡  香   ♡・・・・・・・・・
by: 千葉 香 | 2010/08/19 10:56 | URL [編集] | page top↑
#
ステキな女性ですね・・・
作品からも凛とした神秘的なものを感じます。
『月下美人』のメロディーがよく似合う・・・
by: シルバーアクセサリー【アーティスト.com】 | 2009/09/06 14:28 | URL [編集] | page top↑

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| TOP |
SEO対策: SEO対策:彫金 SEO対策:シルバー SEO対策:ジュエリー SEO対策:アクセサリー